上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々。

日記

2006-04-09

無事、社会人となりました。
先月の終わり頃から研修が始まり、
4月から某田舎の営業所に配属されました。

忙しいってのもあるけど、ネットカフェもない田舎。
まず線を引かなきゃいけないけど、マンションだしどうするか。
電気屋に行けば、地域で使えそうなのをパンフで置いてるかなーと、
徒歩で何キロか歩いて行ってきたら、ケーブルテレビがあった!

アニメ見たいし、なにより民放が2つしかないってのが…orz
ということで、ケーブルテレビでネットに繋ぐ予定です。
手続きは時間が出来たときにでも。

さて、ずっと気にしてた”職場の人間関係”というもの。
最初のそれは研修中の”同期との人間関係”ですが、
学生時代と何も変わっていないのかも。
配属先ででもそうですが、すごく”いじられ”ます。

一人でも平気といえば平気だけど(プライベートはそれが普通だし)、
なんとなく、集団に属しとかなきゃいけないような気がする。
おもしろいこととかそういうのは言えないし話せないから、
だから「無視よりいいかな」と、素直にいじられてます。

というか、感謝してます。
私は人見知りが激しいので、
いつも先に誰かに”橋”をかけてもらうのを待ってる状態。
普通なら、村八分といいますか、「何あの人?」で終わってしまいそうな所を、
研修最終日には、何十人という同期みんなと楽しく話してるんですから、
不思議・・・じゃなくて、やっぱり、感謝です。

ただ、極めて不快にさせられることも多々あります。
いわゆる「調子乗りすぎ」っていう。
”何やっても許してくれそう”に見えるのも分からなくもないけど、
人間なんだから、失礼なことされれば腹立たしく感じるのも当たり前。

だから、その時(その瞬間)は笑って流しますけど、
その直後しばらく厳しく冷たく距離をとれば、分かってくれます。
「ここまではOKで、それ以上はNG」って伝わる?わけで、
よりいじり易くもなるんじゃないかなーと。

それでも分からない人間とは関わっては駄目だと思ってます。
一見”関わらない”というのは難しそうですけど、
結局、いじられるってのはリアクションがあってのことなので、
積極的な反応が返ってこなければ、
それ以上いじることは不可能なのですから。

本当に難しいのは、その”最初の芽”を逃した後のこと。
ズルズルと”相手の非礼・無礼”を許してると、
甘く見られて、なめられて、いつの間にかいじめられる。
と、そういうことなんじゃないかなー。
いじめられたことないので、分からないですけど。

――っと、なんか暗い話題になってきましたが、
いじられるのは楽しいです。
なぜなら、みんなが構ってくれるから(笑)。
人間が”人の間にこそ、その存在価値を見出すもの”であれば、
人と接してるときに一番幸福を感じるはずです。
関わり方は人それぞれ。
ただ、いじられキャラは、どんな大きな集団でも1人と決まってるので、
そのポジションに自分がスッポリはまるってことは、
運が良い、ラッキーなことなのかな、と。

で、職場ですが。
先輩の女の子2人に毎日いじられまくってまして、
なんともいえない興奮があります。
先輩とはいえ、1人は1歳年下、もう1人は2歳年下で、
なんか、こう・・・すんごい気持ち良いんです(笑)。
「タダでこんなことさせてもらって良いのか?」
と真面目に考え込むほど。
時間的なロスは不利としか思えなかったけど、
こういうのがあると、無駄に年食ってて良かった、と思います。
スポンサーサイト

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。