上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいme

日記

2007-05-23

時間を有効に使う、
ということの難しさを実感してます。

怠惰!怠惰!怠惰!

どうにかならんものかなぁ…。
重要で、抑えておかなければならないポイント、
それは分かってます。

なんといっても、
”まとまった時間でないとできないもの”
あるいは、
”長いスパンでみて、長時間の一定の集中を要するもの”
だと思います。

限りある時間、というものの有効活用はできます。
ちょこちょこ練習すれば、感覚的に覚えられる。
しかし、長期に渡る時間の有効活用は難しい。

膨大な量の時間の大枠の中であれこれ算段するわけで、
一度決めたら、途中の軌道修正は困難。
また、一日の終わり(睡眠)という脳あるいは記憶の区切りも使えない。

うーん、いつになったら時間を有効に使うことができるのか…。
スポンサーサイト

Toらべる

日記

2007-05-22

四国へ旅行に行ってまいりました。

何年か前に電車でまわったことはありましたが、
今回はレンタカーでびゅんびゅんと。
すごい楽チンでした。

印象深いのは、何といっても讃岐うどん。
今回の旅行では全部で4軒ほど入ったのですが、
山田屋(本店)というお店のがとにかく美味しかったです。
思わず「たまらん!」を連発。
いつか機会があれば、もう一度行きたいなぁ。

それともう一つ。
香川県琴平町にある金刀比羅宮。
ちゃんと1,368段登りました。
煩悩は(まったく)何一つ消えませんでしたけど、
奥社にたどり着いたときに、
少しだけ達成感みたいなのを感じました。
良い運動になったしよかったよかった。

他にも、徳島ラーメンだとか桂浜だとか色々ありましたけど、
総じてとても楽しかったです。
一緒に旅した不純くんとMarchくんにはほんとに大感謝。

追伸。
お二方と別れた後、久しぶりに日本橋に行ってきました。
いやー、もう楽しい楽しい。
何日間か不純くんやMarchくんと過ごした直後だったので、
大学時代に戻った気がして、
それもあってか散財しまくってしまいました…。
でも、満足。よしとしよう。

人生観。

日記

2007-05-16

0098.jpg

------------------------------------


過ぎゆけるもの風
止まらざるもの風

風の中に浮ぶ者
流される者
止まらんと努むる者

しかし過ぎてゆく
-------------------------------------
好きだなぁ、この詩。
別に世を儚む意味合いではなく、
純粋に、どこまでもポジティブに、好きです。

「どうしようが、結局は無意味」
だと考えることもできるのでしょうが、
私は、
「無意味であれば、どんなことだってできる」
と考えます。

無意味なことしかやれない私にとって、
”生きて良い保証(免罪符)”みたいな意味で、
いつも、いつも心に留めてます。

ハルなヒ

日記

2007-05-15

次の就職先が決まりました。

よかったぁー。
無計画に勢いで辞めたものですから、
どうなるものかと気が気でなかったのですが、
無事に春を迎えることができました。
応援してくれた皆様方に深く深く感謝いたします。
ありがとうございます!

んで、次は、銀行マンです。地元で。
「なんで?」と聞かれるんですけれど、
それは私にも分かりません(笑)。

戦後の焼け野原みたいな状況下で生き延びられるようにと、
営業(飛び込み、ルート)を選んで経験を積んだのですが、
まだまだ十分ではありません。

ただ、人生は運とタイミングだから、
いくら経験を積もうが、結局死ぬときは死にます。
でも、死ねないときもあるってことが、
この1年の時間で、ようやく考えつきました。
親兄弟や妻子、友達など大切な人の存在に気付かされ、
(それは決して彼らに恩をきせるワケではなく、)
単にそういう人々を助けることができる技術が欲しいと、
それだけなんですけどね。

次の就職先では、業界の新規開拓を一通り学んだ後、
その部隊の指揮を任されるみたいです。
「人を使う」ということがどういうものなのか。
それを学ぶことが、いまはとても興味があります。

さて、これからは休日が休日であれば、
人間的に生きれますし、
いまはただ、それが無情の喜び。
「働くことは何か」ということの思考材料を、
多く収穫できたことは、たぶんプラスでしょう。

ってことで、社会人1年目にはひとまず幕です。

結果待ち。

日記

2007-05-08

次のステップに向けた活動が、いよいよ大詰めを迎えております。

なんとかならんかなぁ、とも思うけれど、
できることはやったから、あとは、なるようになれ!

で、なるようにならなかった場合も、
その先でなんとかなるでしょう。たぶん。

人生は、運とタイミング。
こればっかりは、どうしようもない。

どう足掻いても、ダメなときはダメってこともあるし、
ダメだったからこその(その先の)望まぬ選択にしたって、
人生の大いなる目的が間違いないものであるならば、
自分にとって確かな(唯一の)ものであるように感じる。

要は、思い切り。気持ちの切り替え。気分転換。
パーっと何かしたいけれど、
未来へと続く道が約束されない限り、現実的には、不安だなぁ。

てんき。

日記

2007-05-04

一昨日、会社を辞めました!

やっとやー。長かったなぁ。
うちはいわゆるDQN会社だったから、
退職時にも相当なんやかやありそうだと思ったけれど、
なんとか、どうにかこうにか辞めれました。

一応、円満退社を望んで”相談”から入ったのですが、
「急には無理」「考え直せ」の一点張り。
サービス残業や休日出勤は”まだ”許せますけど、
この押し売りの詐欺まがいのような仕事!
ほとほとイヤ気がさして働きたくないというのに、
「5月末で辞めるとしても、ノルマ持ってちゃんと働け」と。

ノルマ持ちながら引き継ぎなんてできるワケがない。
休みの日も朝8時から夜の10時までフルで営業させるから、
ただでさえ事務処理がたまりにたまっているのに…。

ってことで、サービス休日出勤だった4月29日の夜、
退職の意思表示をしてまいりました。
うだうだ言ってましたけど、すべて論破しました。

しかしなぁ、就業規則を守らない会社が、
就業規則(退職は一ヶ月前まで)を言うかね。まったく。
頭に来たので、
有給使いながら2週間後に退職することを認めさせました。

ただ、いくらDQN会社といえど、
後任者が困るから、引き継ぎはちゃんとしたかったので、
有給中にボランティアでやることにしました。

で、とりあえず、5月1日に退職届と有給申請を出して、
地元に帰ってきて、ホッとしてます。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。