上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近イライラすることが多い。
でも、良い傾向だな、とは思います。

怒る、腹を立てるっていうのはエネルギー消費量が大きいので、
体温を上げる(熱を出す)ためにエネルギーを使ってる間、
つまり病気の時にはイライラできません。

健康であれば、エネルギーの消費は1日活動する中でスムーズに行われますが、
それが上手くいかないと、力を出す(活動する)以外の場面、
つまり何もしない時間や休んでる時なんかにも消費せざるを得ません。

だから、イライラしてエネルギーを消費するわけですけど、
なぜ消費しなければいけないのかというと、
それは、身体の中にエネルギーが残っているからで、
どうしてエネルギーが残るかというと、
供給過剰(食べ過ぎ)、もしくは使わない(運動不足)からであり、
そのどちらか、あるいは両方の問題となります。

基本的に、食べなければエネルギーが体内に残ることはありません。
(※お腹が減るとイライラするのは、飽食時代特有の現象です。
なぜなら、食べられない状況に過剰なストレスを感じる習慣ができたから。
あまり習慣に毒されてない幼い子供は、お腹がすけば寝ます。
それが飽食時代以前の、つまり本来の人間の姿です。
食べなきゃストレス過剰で死んでしまうようなら、原始時代を生き延びることは不可能です)
逆に食べても、その分だけ動けばエネルギーを消費できる。
どうして上手くいかないのか。

たぶん、ストレスが原因なんだと思います。
食べるっていう運動をすることによってストレスを解消している。
もちろん、食べることは全身を使う運動ですけれど、
何らかの活動1回分に比べれば、やはりそれは小さくなってしまう。

1日だけならいいけれど、翌日も、その翌日も同じようにするので溜まり重なり、
ストレスによる食事行動が習慣化し、生活習慣病なんかを生むことなりました。

そういうわけで、食べることは人間にとって当たり前の行為ですけど、
食べ過ぎるといけない。
最近私がイライラするのも、食べ過ぎることが原因のよう。
体重も、生まれて初めて50kg(現在、50.1kg)を越えました。
もちろん、イライラはよくありません。
もっというと、食べ過ぎもよくありません。
私が喜んでるのは、このエネルギーを解消しなければならない事案が、
目の前まで迫ってるからです。
いよいよ、運命の後期試験が始まるわけですが、
イライラするくらいエネルギーがないと、フル稼働できません。

これで準備万端!さあテスト勉強!!!といきたいところだけど、
テスト勉強って普通いつ頃からするものなんだろう…。
最初の試験まで一週間ちょっと、そこから一気にドバドバっとあるのですが、
うーん、今からやるのはちょっと早すぎるかも。
1週間試験というなら精神力で何とか乗り切れますけど、
1週間試験勉強、というと、たぶん無理だ。
2~3日前から始めるとして、最初の試験は大丈夫。
ただ、2日目以降の各勉強時間が前日の試験終了以降だし…、
また前期の悪夢が蘇ってきてしまう。
うー、小中高大と何年になるか数えたくもないけれど、
前日勉強派(試験中の徹夜は原則やらない)を最後くらい離脱したいなー。

さて、どうなるか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。