上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今更ながら『BLACK CAT』を読んでるんですけど、
イヴタン可愛いーーーーーーー!!!!

こういう萌えを狙ったキャラクターには一切萌えないのが私のポリシー。
「お前らこういうのが萌えるんだろ?あはは。釣れた釣れた。まったく単純だな、馬鹿オタは」
っていう作者の高笑いを想像すると、はいそうですか、とはいかない。

こっちにだって、プライドがあるのだ。…オタとしてだけども。
しかし、今回ばかりは完敗です。負けました。
イヴのキュートさの前では、私のプライドなどゴミに等しい。

何というか、天地無用のささみちゃんに通じるモノがあります。
背伸びしてるおにゃの子というか大人な少女というか…、
その辺がとにかく、良い。

うーん、可愛いなぁ、イヴ。

それはそうと、作者の矢吹さんって水瓶座なんですね。
「猫は…自由に生きるもんだぜ」には笑った。
登場人物も、メインは風星座(双子や天秤)っぽいのばっかだなぁ。
トレインとサキなんかモロに水瓶だし、スヴェンは天秤っぽい。
リンスは水瓶か双子で、イヴは乙女、クリードは蠍かな。(公式は無視)

全体的にアッサリしてて、読んでて心地良いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。